30を過ぎて急に結婚をしたい

30を過ぎて急に結婚をしたいと思うようになり、婚活を始めることにしました。

今思えばもっと早くから行動していればよかったと思うのですが、30になる前までは無理に結婚をする必要はないと思っていましたし、結婚をして大変そうな家庭を見ると一人のほうが気楽だと考えていました。

しかし、大変ながらも家庭を持って幸せそうにしている人達を見ると羨ましく思えてきましたし、一人で生きていくのはこの先大変かもしれないと思い結婚願望が湧いてきたのです。

30を過ぎて行動をするのは遅すぎると思いましたが、何もしなければただ時間がすぎるだけですからせめて駄目なら駄目でも良いので婚活をしてそれで駄目ならあきらめが付くと考えていました。

自力で相手探しをしようかとも考えたこともありましたが、そのような悠長なことをしている余裕もないだろうと思い直し素直に結婚相談所に相手を紹介してもらうことにしたのです。

ただ、結婚相談所を利用したからといって万全だとも思っていませでしたから、別のところでも自分なりに相手を探すことにしました。

活動の中心は結婚相談所でしたが、それ以外にも婚活パーティーに出席してみたり友達に良い人がいないか聞いて見て回ったりして、身近な人脈を広げていくことも怠りませんでした。

いろいろやっては見たもののやはり遅すぎたのか、なかなか成果が出なくて自信を失いかけていたのですが結婚相談所のスタッフはそれでも諦めずに親身になってアドバイスをくれましたし、このような状況から結婚をしている人はたくさんいるからあまり気にし過ぎないほうが良いと言ってくれました。

その言葉を全面的に信じたわけではなかったのですが、ネガティブになったら婚活も上手く行かないと思いその言葉を信じて頑張ることにしました。

丁度その頃に運命の人と出会うことになり、自信を失いかけていた私に対して優しく接してくれてその人が好きになってしまったのです。

とても家庭的な人でなぜ私に関心を寄せてくれたのかわからなかったのですが、交際が深まるに連れて互いの気持ちはどんどん大きくなりそろそろ結婚したいなと思うようになってきました。

そのことをさり気なく打ち明けると、正式に結婚の申し込みをしてくれて見事ゴールをすることができたのです。

この時のことは今までの人生の中でも最も嬉しい瞬間であり、あれほど結婚など無理にする必要もない私が涙をながすほどに感激した瞬間だったのです。

コンパは真剣に結婚を考える場ではない

今や男女とも婚期が遅れており、アラフォー世代の人でも結婚を考えていない人も多いです。

昔のように許嫁がいたり、お見合いなどの機会もあまりなく、結婚をしたい人は自ら積極的に婚活をしなければ、余程の人でない限り結婚できることはないと思われます。

婚活を積極的にする人は、自ら婚活パーティを主催したりしますが、面倒でもありますし、主催できるほどの人脈がなく、参加者を募るのも難しいのではないでしょうか。

2世代くらい前ならば、コンパといってすぐにメンバーが集まったものです。

しかし、コンパに対して求めるものはその場限りの楽しさを追求するのみではなかったでしょうか。

当然、人によっては、結婚相手を探しにコンパに参加するという人もいましたが、私の時代では、コンパは真剣に結婚を考える場ではなかったです。

少子高齢化が進み、出生率を高めなければならないという国や地方自治体の思惑もあり、今や市町村が自ら感じとなり婚活パーティを開催するという話を良く聞きます。

しかし、婚活をする人は、恋愛を楽しむというよりも、とにかく結婚相手を探したいと思っているだけで、一時的に良い相手が見つかりましても、相手のことがよくわからないまま結婚してしまうというようなことにもなりかねません。

草食男子などといい男性があたかも悪いかのように紹介されることもありますが、女性はかつてのようないかにも女性らしさを備えている状態ではないです。

婚活パーティ、コンパ、人の紹介、お見合いなどさまざまな人との出会い方法はありますが、決して結婚することを最終目的にするのではなく、恋愛を楽しむ前段階として婚活があると理解すべきです。

ランチ会に参加

街コンに参加してみたものの、それなりに気の合う人と出会えそうではあったものの、100人以上は人数が多すぎるような気がしていたので、街コンの要素があってもう少しコンパクトで一人一人のとの出会いを見落とさないで済みそうなタイプの婚活があればいいなと思っていたところで、発見したのがランチ会です。

ランチ会はランチを食べながらのパーティーですから、アルコールは出ないですし、人数も多くて40人くらいでした。

これくらいの人数の方が私にはちょうど良かった気がします。

アルコールがあった方が話しやすい人もいるでしょうが、お酒があるとカジュアルすぎたりがつがつしている人も多く、ゆったり落ち着いて話をしたい私のようなタイプだと場の空気に飲まれてしまうというか、出会いを見つける前に何もできないまま終わってしまいそうな焦りがありましたが、ランチ会はアルコールがないのでまったりした落ち着いた雰囲気で良かったです。

参加者も男女ともに、そんな落ち着いている雰囲気を求めてランチ会を選んでいる人たちばかりで波長も合いそうな人が何人かいて連絡先も交換できましたよ。

スタッフがランチ会の様子を見ながら声かけもしてくれますから、人見知りの人やおひとり様で参加しても大丈夫なはずです。

さらに食事も街コンよりもさらにパワーアップしているので、がっつり美味しいランチを食べられるのもポイントです。

類似の婚活にカフェ会もありますが、こちらも楽しかったです。

出会いのない職場に就職

30半ばにもなって恋人もいなくて、このまま一生結婚できないのかなと不安になっていました。

彼氏がいたことすら、学生時代の一時期だけでその後は出会いのない職場に就職したことで、ずっと同じような日々を過ごしていたのです。

結婚相手というのは自然な形で巡りあうものだと思っていたので、特別相手探しをするということもなければ、そこまでして結婚をしたいと考えていなかったので完全に出遅れることになってしまったのです。

それでも30を過ぎる前に行動を起こせばよかったのでしょうが、結局その頃も何もせずに焦りだけは感じていたものの行動に移さなかったことで、無駄な時間を過ごすだけとなってしまったのです。

そして、30半ばになってもうチャンスはないかもしれないと思うようになり、そこからようやく婚活を始めることにしたのです。

今更できるようなことは限られていましたし、時間もありませんでしたから結婚相談所に登録をしていい相手を探してみることにしました。

最初は結婚相談所でいい相手が見つかるのだろうかという不安があったのですが、意外と自分と同じような境遇の人が多くてそれなりの手応えを感じることができました。

すぐに相手が見つかったというわけではありませんでしたが、少ししてからいい感じに交際をすることができる相手が見つかり、そこからは非常に早く短期間でゴールをすることができたので本当に良かったです。

今では幸せな日々を過ごしていますが、最後の最後で思い切って行動にうつしたのは正解だったと思います。

周囲の友人に相談することから

私の婚活は、周囲の友人に相談することから始めました

 なぜなら、現在では、婚活をするための手段がさまざまあります。

例えば、インターネット上にある婚活サイトや公共の施設で行われる集団お見合いや民間の企業が主催している婚活パティーなどです。

 しかし、私のように、人見知りのものでは、いきなり、パーティーのような大人数のところに放り込まれても、緊張して話をすることができません。

また、インターネット上にある婚活サイトに対しては、登録費用など無駄に取るような詐欺や詐欺まがいのようなものも多くあることから、信用性が低く、いきなり、登録して大金を支払う勇気はありませんでした。

 そして、私のように、30代になってくると、若い頃のように、数多く積極的に合コンに行くような活力も失われてきます。

とすると、出会いは職場が中心になるのですが、職場に自らの好みに合致するような異性がいないとなると、出会いの場が無くなってしまいます。

 しかし、老後の孤独や子供が欲しい夢があったことから、どうしても結婚をあきらめることができませんでした。

 そこで、私は、友人に、正直に相談しました。

 親しい友人であれば、安心して相談できますし、紹介される異性も、友人のためを思ってか、しっかりした方を紹介してくれました。

現在では、無事結婚することができました。

 本気で婚活をするのであれば、やはり、自らのコネを使って、異性を紹介してもらうほうが、大金を取られるような詐欺に遭うことがなく、信用できる方を紹介してくれるので安心です。